So-net無料ブログ作成

みっちりと話し合おうじゃないか [読んだ本 / 好きな文章]


ローズ・マダー〈上〉 (新潮文庫)

ローズ・マダー〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 文庫

またやっちまった…。新潮文庫の黒い背表紙に釣られて、またキングの長編を読んじまった。今回読んだのは2分冊のバイオレンスもの。やたらと幻想的になる上巻の最後のほうがダルかったけど、それ以外はすごく面白かったです。以下、裏表紙より。

このままでは殺される――ある朝、シーツについた小さな血の染みをみつけて、ローズはそう口にしていた。優秀な刑事の夫ノーマンも、家ではサディストの暴君。結婚後の14年間暴行を受け続けたローズは心身ともにもう限界だった。逃げ出そう。あの人の手の届かないところへ――。だが、家出をした妻をノーマンが許すはずがない。残忍な狂気と妄執をバネに夫の執拗な追跡が始まった!

暴力あり、サスペンスあり、ロマンスあり、ファンタジーあり、ちょいエロあり。そのどれもがキング先生の通俗的なタッチでまとめられ、読ませる読ませる。ハンバーガーとポテトとフライドチキンをビールで一気に流し込んでプハーッってなる感じ。「マクロビ」とか唱えてしまうような人たちには決してオススメできないけれど、オレはこのお下品さが大好きだ。

…そう、まさにキーワードは「下品」。ストーリーの奇抜さとか人物描写の巧みさとか、そりゃもう、かのスティーヴン・キングなんだからすごいところはいっぱいあるはず。でも、それらに加えて個人的に欠かせないのがお下品な描写、低俗なセリフで、正直に告白しますならば、自分はこれを楽しみたくてキング作品を読んでいるという部分もおおいにあると思った。変態おつ。

例えばこんなとこかしら。逃げた妻の手がかりを探るべく、情報を知るチンピラを公園のベンチに座らせて、暴力夫ノーマンがチンピラのキンタマを握りつぶそうとしながら(!)脅しをかけているシーンから抜粋してみる。

「よし。さて、教えてもらいたいのはこういうことだ。どうせ、ちんけな鼻つまみ者のスペ公オカマのおまえのことだ、せいぜいやりたい盛りに母親のケツの穴にねじこんでたくらいで――ああ、マザーファッカーを絵に描いたような面がまえだからな、おまえは――女のことはからきし知らないだろうが、それでもちっとは想像力を駆使してもらいたい。うちに帰ってみると女房が――いいか、愛と貞節と、ちっくしょう、服従を誓った女がてめえのキャッシュカードをもってずらかったら、いったいどんな気分になると思う? しかも女房がそのカードをつかって、くそ休暇用の資金を引き出したうえ、カードをバス・ターミナルのごみ箱に投げ捨てていき、おまえのようなちんけで卑しいちんぽ吸い野郎に拾われたと知ったら、どんな気分になる?」
「いい気分にはなれないな」ラモーンはささやき声で答えた。(中略)
「いい気分にはなれない?」ノーマンはラモーンの顔のまん前でささやいた。その息は熱く湿っていて、酒とタバコの臭気がした。「それが、おまえの精いっぱいの答えだというのか? 救いようのない低能だな、まったく! だが……まるっきり見当はずれの答えでもないか」

うへーん、最低! でもたまらん! あと、これはやっぱり訳者の功績でもあると思うんよね。同じレベルの悪態をつくにしても、日本語であれば絶対にこうは言わないであろうという言葉遣いではあるけれども、いや、だからこそその翻訳っぽさを楽しめるというか。決して不自然な日本語ではないにもかかわらず、翻訳本でしかお目にかかれないような罵倒語を(たぶん意図的に)使って訳してくれている白石朗さん、グッジョブ。この人、よくキング作品の翻訳をしているけど、下の名前「朗」の読み、ずっと「あきら」だと思ってたら「ろう」なのね。ちっくしょう、オレのようなクサレ低能のちんぽ吸い野郎には思いもよらなかったぜ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

たろ芋

なんだいそのテンションは?まるで盛りがついたエテ公だな。それとも脱法ハーブでいっちまってるんじゃないだろうな。いずれにしろ腐れチンポ吸い野郎には間違いないな。
by たろ芋 (2012-01-30 10:06) 

ビキ

まったくだ。ああ、まったくもってその通りだよ、ちくしょうめ。
それにしても最近の寒さといったら、このちんぽ吸い野郎には厳しすぎるぜ。ブルッ。
by ビキ (2012-02-01 00:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0